ギターの弦高は、弾きやすくためにユーザーが自身で調整することが多いが、希望通りの調整ができず悩む方も多いと思う。今回、シムを購入して、試みた。予想していなかった効果があったので書くことにしました。

345B7AB1-4999-4626-A69D-1F697496E6E5



シム(英語:SIM またはSHIM)とは


デタッチャブルネック(ボルトオンネック)のギターの弦高調整、ネックの角度調整のために、ボディとネックの接続面に装着する部品です。素材は、木、紙、金属、樹脂などがあるようです。上の写真はブラス製。

シムが採用されているギター


あまり知られていないかもしれませんが、フェンダーのギターは多くのモデルで採用していた、との事。諸説あるようですが、現在では、フェンダーUSAが多くのモデルで採用、一方、かつてのフェンダージャパンは採用しておらず、多くの国産ギターも採用していない、らしい。


なぜシムを使用するのか?



実は、シムを使用する発想の原点は、セットネックのギターにあります。そもそもギターのネックは、ボディと並行にセットされていました。標準的なアコースティックギター、フラットトップと呼ばれるギターのセットネックはボディに平行です。ですが、ギブソンが、レスポールにアーチドトップのボディを採用し、さらにチューンO(オー)マチックのブリッジを開発した頃に、ネックをボディーに対して、角度をつけてセットするギターが登場しました。その代表がご存じレスポール。チューンOマチックは、従来のブリッジよりもボディ面からの高さがあります。それ故、ネックをボディに平行にセットした場合、低フレットよりも高フレットの弦高が高くなる、という不都合が起きます。これを防ぐためにネックの装着をヘッド側が下がるように角度をつけました。この角度によって、背の高いブリッジでもネックと弦が平行になるわけです。

さて、フェンダー系のデタッチャブルネックは、見た目、ボディに平行に装着されています。その原点であるテレキャスターの場合、あの低いブリッジ・駒(サドル)であれば、平行で問題なかったわけですが、ストラトキャスターやジャスマスターなどトレモロユニットが登場したことで、そのセッティング如何でブリッジの高さが変わる、テレキャスター対比においては、ブリッジが高くなる可能性が出てきたわけです。そこで、フェンダーは、デタッチャブルネックをボディにボルトオンする過程で、シムを差し込むことで、角度をつけてネック装着するというダイナミックで乱暴な手段をとった、らしいのです。それが、シムを使用した理由、経緯です。

シムの認知度



デタッチャブルネック(フェンダー系)よりもセットネック(ギブソン系)の方が、できるだけ低い弦高のセッティングが可能であるという、一般論が存在するようですが、これはかなりアバウトな説で、ブリッジの高さが比較的高いデタッチャブルネックのギター(トレモロのフローティングが高めにセッティングされている、など)については、シムなどの手段を使用しないと、高フレットの弦高を下げるには、限界がある、というのが正しいと思います。シムによるネック角度調整をしないのなら、セットネックの方が弦高は下げやすい、ということです。
ストラトキャスターの弦高を下げたい旨の相談を楽器店に持ち込んだ場合に、シムを使用することを選択肢にしない、知らない楽器店は、「このストラトキャスターの場合、トレモロのフローティングを諦めるしかない・・」などの回答になってしまうわけです。フェンダーUSAはデフォルトでシムを採用しているモデルが多い一方で、かつてのフェンダージャパンは採用していないとされる事から考えると、シムを使ったメンテナンスを行わない楽器店は、国産しか扱ったことがないレベルかもしれません。こうした楽器店は、実際にあります。ブログ管理人の弟は、MOMOSEのオールローズテレキャスターについて、同様の相談をしたら、楽器屋さんに断られたとのこと。一方で、シムは、アマゾンで複数販売されていて、ユーザーが楽器店に頼ることなく調整できます。







10A1BC7D-8E67-4715-BA5F-818D9572D5BB

木製の板が傾斜した形状にまった高級シム



gazechimp ネックシム ギター ベース用 高品質 使いやすい
今回、ブログ管理人が使用したのは、これです。



今回のシム挿入・調整の目的


対象は、自作のテレキャスターシンライン。
C78037C4-D573-43E5-98F4-B2F5B934A5F2


約1年をかけて、パーツを個別購入して、組み上げたブツ。製作時、フェンダーメキシコ製のネックとボディーのマッチングが今一つで、シム調整を施し、いったん出来あがったが、自作だけに不満も多い。今回、⓵弦高の下げ、⓶ボディとネックの接着面の密着度の強化を目的に、再度シム調整にトライ。
⓵弦高の下げについては、特別に低い設定を狙っておらず、他の所有ギターに揃える程度。これまで、ちょっと高めで弾きにくかった。
⓶ボディとネックの接着面の密着度については、ボディのネックポケットの奥に合わせると、ヒール部分にすき間が空いている状況であり、きっとサスティーンに悪影響だ。これをシム挿入で解決したい。
(ちなみに、一般論として、シム挿入はサスティーンを劣化させる説がありますが、ブログ管理人の場合は、自作のフランケン(パーツ寄せ集め継ぎはぎ)ギターなので、これ以上の劣化はなく、シムを正しく使うことで、音像の何らかの向上?を果たせば、ラッキーって、感じ。)

作業



およそ30分で完了。(なお、弦は張ったままで、ベロベロに緩めた状態で実施。)ネックの脱着の経験がある方なら、それほど難しくはありません。シムの厚さ=ネックの角度の調整のために、2回、脱着作業し、2回目でOKとして、30分で終了しました。(チューニング、オクターブチェックは別途)
作業前にネックの角度を見込むことは不可能だったが、今回は、ネックの指板全体を上昇させ、その過程で、ネック角度も調整したいので、ネックポケットのブリッジ側とヘッド側、両方に高さのことなるシムを入れた。結果的に、ブリッジ側が1mm、ヘッド側が0.7mmで決着。

FE1FAB75-179E-4545-A55A-E31A59EC4E75

注意点
やはり、つけてみないと分かりませんので、複数のシムを用意しておいた方がいいでしょう。
シムの厚さで0.5mmの差は、作業結果には弦高に大きな差になりますし、ネック角度おいては、弦を張ること自体の可否にかかわるほど変わります。アバウトな話ですが、0.2mm~1.mmまで0.2mm刻みで5枚程度の準備が必要と思います。



結果と効果

1mmのシムを挿入した結果、ブリッジを従来の設定のままでは、弦が張れない状態に。それだけ、ネック指板面が上昇したわけです。この状態に合わせて、ブリッジ駒(サドル)の高さを上げて、すべてのフレットにおいて1.5~2音チョーキングができる状態にして、チューニング、オクターブチェックしておわり。弦高は、ほぼ狙い通りに下がった。一方、ネックとボディの密着度を補うために、ブラス製シムを選んだが、サスティーンの向上は感じられません。ボディ中心をくり抜いたシンライン構造では、サスティーンの弱さは、致し方なし、なのでしょう。


予想外の効果


ブリッジ駒の高さを高くしたことで、予想外の効果として、弦のテンション(張力)が強くなった。その結果、音のハリが出て、出音が強くなった、音の輪郭がはっきりしたように感じます。一般に、ネック角度の調整なく、弦高を低くする(=ブリッジ駒を低くする)とテンションが弱くなりますが、今回は、指板がシムによって上昇しているため、弦高は低くなっても、ブリッジ駒を高くしていることから、テンションが強くなったわけです。この点も他の所有ギターのテンションに近くなったので、幸でした。この効果、実は、ギブソンがチューンOマチックを開発し、フェンダーUSAが多くのモデルでシムを採用している理由でもあるとのこと、なるほどでした。ちなみに、ブリッジ・駒(サドル)を高くして、ネックに角度をつけることで、弦高を下げながら、テンションを一定保つことは、「弦落ち」(1弦または6弦で、フレットの横で弦がはみ出てしまう現象)を防ぐ効果もあるとのこと。逆に、シムを採用していない、フェンダージャパンや国産の一部の機種は、弦高を下げた場合の弦落ちがしやすい欠点もある、とも言われているそうです。


おしまい。